吸江流尺八と一休語りの虚無僧 牧原一路
吸江流尺八と虚無僧

吸江流尺八と虚無僧

「吸江」とは、「九孔尺八」と一休の尺八の友「一路」が住む庵の名である「吸江庵」とを掛けたもので、「一口吸尽す西江の水〔大河(西江=長江)の水を一口で飲み尽くす。生半可な状態に停まらず、余すところなく一切を吸収し、天地万物と一体となり無になれ。〕」という禅語に由来する。

一休の説く「こだわりを捨てた生き方」こそ虚無僧の生き様であり、「吸江流尺八」では五孔、七孔、八孔、九孔、そして「無孔尺八」も自由自在に扱い、さらに、虚無僧の古典尺八から民謡、邦楽さらにクラシックまでどんなジャンルでも吹きこなす。

牧原一路のプロフィール

昭和23年東京生まれ。 昭和46年慶応義塾大学文学部史学科卒、千代田生命に入社。 9歳より尺八に親しみ、都山・琴古・明暗の各派を修得後、福沢諭吉の孫堀井小二朗に師事し、九孔尺八を継承。

平成10年に50歳で千代田生命を退職し、「吸江流尺八」を創始。 「平成の虚無僧一路」として、各地で「一休と尺八」をテーマに講演と尺八演奏を行っている。

NHK・FM「邦楽のひととき」出演10回、NHK・BS「人生自分流」他、TV・新聞各紙で紹介されている。 また、モスクワの「チャイコフスキー音楽院」他、世界数カ国に招かれ演奏をしている。

Discoghy

風華

風華

恋のアランフェス

恋のアランフェス

鶴

春月


水野千鶴作曲「春月」

ほの暖かな春の夜の美しいおぼろ月を思い描いた尺八独奏曲。

Media

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

2010年1月11日中日新聞記事

2010年1月11日中日新聞記事

2010年5月20日読売新聞記事

2010年5月20日読売新聞記事

2011年4月17日読売新聞記事

2011年4月17日読売新聞記事

2011年5月12日中日新聞記事

2011年5月12日中日新聞記事

中日新聞記事

中日新聞記事

尺八界の若きホープ「大河内淳矢」さんのブログ

邦楽ジャーナルVol.341(15年6月号)の表紙

邦楽ジャーナルVol.341
(15年6月号)
表紙グラビア&インタビューに掲載

Gallery

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

Infomation

尺八詩吟教室生徒受付中

尺八詩吟教室生徒受付中

これぞ日本の音!奥の深い尺八の音色をあなたにも奏でられます。
流派には関係なく指導できる牧原一路ならではの世界をご一緒しませんか。

【場所】邦楽ラウンジ 名古屋市中村区太閣1-5-26安田第4ビル2F

【日時】第1・3木曜日  ①10:00~  ②11:00~
    ※上記日時で都合の悪い方はご相談に応じます。

【費用】 入会金:5,000円  受講料:6,000円(月謝制)

【連絡先】TEL/FAX 052-471-5210 E-mail goo3360_february@mail.goo.ne.jp

第6回 一路会 名古屋能楽堂 公演

第6回 一路会 名古屋能楽堂 公演

【日時】2016年5月14日(土)午前11時30分~午後4時
【場所】名古屋能楽堂
【プログラム】
 第1部 会員による箏・尺八・詩吟の演奏
 第2部 牧原一路・平塚芳朗(ゲスト)による箏・尺八演奏
 第3部 特別企画「幻の琴 一絃琴に新しい息吹」


入場は無料です。

ブログへ

ブログ「平成の虚無僧一路の日記」

平成の世を虚無僧で生きる一路の日記

フェイスブックもチェック

フェイスブックも随時更新中!

リアルタイムな活動報告をしています。

トップへ戻る